ドルコスト平均法の効果が期待できる!積立投信

ドルコスト平均法に驚く人

「積立投信ってどんな仕組み?」と悩んでいる人多いと思います。

積立投信は「投資信託を積み立てる」という意味で、効率的にお金を積み立てることが出来る方法と言われています。

また、積立投信はドルコスト平均法の効果も得られるのでリスクを軽減できる効果があります。

「積立投信?ドルコスト平均法?何だか難しそう・・・」と思うかもしれません。

分かりやすく自転車FPが解説します。

積立投信とは?

積立投信とは投資信託を積み立てて貯金する方法です。そのため、最初に数十万円、数百万円とまとまったお金は必要ありません。

むしろ、まとまったお金をこれから積み立てる方法の1つです。

具体的に積立投信は月々1万円や2万円と決まった額を毎月コツコツと投資信託を購入し続けます。

また、積立投信は自動的に引き落としがかかるので、銀行で定期積立をしているような感覚です。

一部の証券会社ではクレジットカード払いで積み立てることも可能です。

↓投資信託の詳細を知りたい人は
参考>>積立投信って怖い?

ドルコスト平均法とは

↓画像をクリックするとページに移動します。
ドルコスト平均法
ドルコスト平均法とは「値動きのするものを定期的に同じ金額で買い続けることで平均値が取れる」という意味です。

これだけでは何のことやら?と思われるかもしれません。

具体的例をリンゴに例えて説明すると・・・

リンゴを毎月1万円分買い続けるとします。ただし、リンゴは毎月値段が変わります。

仮に・・・

1か月目:100円
2か月目:50円
3ヶ月目:200円

■1か月目
購入額:1万円
購入できる個数:100個
1万円÷100円/個=100個

■2か月目
購入額:1万円
購入できる個数:200個
1万円÷50円/個=200個

■3か月目
購入額:1万円
購入できる個数:50個
1万円÷200円/個=50個

では3ヶ月目にりんごの価値はいくらになるか?

3ヶ月で購入できた個数:350個
100個(1ヶ月目)
200個(2ヶ月目)
50個(3ヶ月目)
の合計は350個

3ヶ月目のリンゴは1個あたり200円なので・・・

350個×200円=7万円

3ヶ月で3万円積み立てて、3ヶ月目のリンゴの価値は7万円になっています!

ただし、2ヶ月目のりんごの価値はいくらでしょう?

2ヶ月で購入できた個数:300個
100個(1ヶ月目)
200個(2ヶ月目)
の合計

2ヶ月目のリンゴは1個あたり50円なので・・・

300個×50円=1万5千円

2ヶ月で2万円積み立てて、2ヶ月目のリンゴの価値は1万5千円なので損しています・・・。

リンゴの値段が1ヶ月で半額になったり、倍になったりすることはないと思いますが、極端な一例としてとらえてください。

もしくは、自動車に乗って毎月同じ日にガソリンスタンドで3,000円分のガソリンを入れたとします。

でもガソリンは毎週1リットル当たりの値段は変わります。

ということは毎月同じ3,000円払っても毎回購入できるガソリンの量は変わる、というのと同じです。

この考え方がドルコスト平均法です。

ドルコスト平均法の効果

上記のリンゴの例は3ヶ月しかありませんが、5年、10年と続けていくと平均値が取れてきます。

3ヶ月くらいでは上がった下がったの影響が大きいですが、もっと長いスパンでみれば値動きの凸凹が平均化されリスクが軽減されます。

つまりドルコスト平均法の効果を得られるということです。

この効果を生かして投資信託を買い続けるのが積立投信です。

特にインデックス運用タイプの投資信託であれば、大きく値上がりしても、いづれかは下がります。

逆に急に大きく値下がりしたら、いずれかは回復してきます。

なぜかと言うと、極端に投資信託の価値が上がる(=景気が良くなり過ぎる)と加熱した景気を抑えようと政府が動きます。

つまり投資信託の価値も下がります。

逆も同じで、極端に投資信託の価値が下がる(=景気が悪くなる)と冷え込んだ景気を回復させようと、政府が動き投資信託の価値も回復します。

株式の積立投信

特に株式の積立信はより効果的と言われています。

なぜなら株式は長い目で見ると、基本的には右肩上がりで株価が上がっていく傾向にあるからです。

企業は利益が出ると新しい製品やサービスを再投資して更に利益を生み出します。

つまり経済の規模は大きくなります。

もちろん、10年、20年と一直線で上がることはありません。上げ下げを繰り返しながら10年、20年のスパンでみれば上昇する傾向にあります。

積立投信は出口が重要

積立投信は中超長期の貯金に向いています。

なぜなら、出口の投資信託の評価で最終的な損益が決定するからです。

出口とは現金化する時のタイミングです。

上記のリンゴの例でいうと2ヶ月目で現金化すると損してしまいます。

でも、3ヶ月目には1個当たりの価値が上がって、現金化したら得します。

つまり、現金化するタイミングは投資信託の評価が高い時にすることが重要です。

投資信託の値動きは上がったり下がったりますが、長いスパンで見ればいずれかは上がってきます。

1年、2年ではタイミング良ければ決済してもプラスになるかもしれませんが、確実ではありません。

「絶対〇年後なら大丈夫」ということは言えませんが、10年、20年スパンが見れれば、現金化してもプラスになるタイミングはあるはずです。

なので、短期的に増やす目的よりも中長期的なスパンでお金を殖やそうという目的には積立投信は向いています。

また、積立投信はスタートするタイミングはいつでも良いと言われています。

なぜなら、結局、投資信託が上がるか下がるかは誰にも分からないことなので。

ただ、早く積立投信を始めれば元本は確実に増えます。

上記のリンゴの例で言うと、リンゴの数は増えます。

大事なのは現金化する時にリンゴの価値がどの位になっているかということです。

管理人からひと言

「積立投信」「ドルコスト平均法」を解説しましたが、正直、上記だけを読んで全てを理解するのは難しいと思います。

なので、とりあえず始めてから考えるという方法でも良いと思います。

積立投信は月々100円からできる証券会社もあります。

積立投信を始めれば、何となく日経平均や為替も目に付いたら気になります。

「そういうことか!」と分かったら、月々の掛金を後々増やせばいいだけです。

大事なのは早く始めることです。

少しでも早く始めれば、元本も増やせます。また、ドルコスト平均法の効果を享受できます。

とは言っても、ネットや雑誌の情報だけで全て理解するのが難しいので、実際に積立投信を検討する際は専門のFPに相談するのが良いでしょう。

また、都内近郊であれば管理人がご面談の上、ご説明しますので、気軽にご相談ください。

管理人に相談

「住宅FP」無料相談サービス

「相続対策」無料相談サービス

「生命保険」無料相談サービス

コメントは受け付けていません。